ち ょ っ と い い 話

自然塗料について

今回は、日本古来の塗料として使われた「柿渋」を使用した新しい塗料「植物水溶性塗料・柿心シリーズ」が開発されましたので、それに関連して木材塗料における自然塗料についてと、今後の予想についてお話しします。
 
 シックハウス症候群という問題はご存じでしょうか。一部の住宅には、揮発性有機化合物を含むもの(塗料など)があり、そこに様々な要因が関係して(住宅の高気密化など)頭痛や目眩、吐き気などを引き起こします。
 この症候群が問題となる中、室内環境対策として国連主導の元、GHS(化学物質安全利用を促進する基準)が日本でも平成20年度より完全実施されることになりました。このことにより、化学物質は「危険性」及び「安全性」に応じて分類され表示されるようになり、それらを扱う人に正確に情報を伝えることができ、人の安全と、健康を守ることができるようになります。
 その結果、塗料の分野においても環境対応型が登場しており、消費者の注目を集めております。
 
 ここで、代表的な塗料を原料ごとに分類してみます。
合成塗料
(石油系)
自然系塗料
(偽塗料)
自然塗料
(天然100%)
柿心シリーズ
(植物水性塗料)
代表成分
合成樹脂
ペトロール
(ガソリン)
イソアルカン
(イソパラフィン)
合成アゾ染料
可塑剤
合成界面活性剤
代表成分
植物樹脂類
植物油類
イソアルカン
(イソパラフィン)
ミネラルスピリット
(工業用ガソリン4号)
合成アゾ染料
バイオサイド
(合成防腐剤)
代表成分
植物樹脂類
植物油類
製油
土性、鉱物顔料
乾燥剤
(コバルト等)
成分
植物油
植物ロウ
アルカリイオン水
無機顔料
(柿渋)
 
・合成塗料
塗料の成分に石油系化合物を含むものです。
 
・自然系塗料
この自然系塗料に使用されている溶剤は、法的拘束力のない「イソパラフィン」を主たる溶剤とし、使用しているメーカーでは「自然塗料」として販売しているのが実態です。
 自然塗料の先進国ドイツでは、自然塗料と自然系塗料の違いは明確に分類され、無公害塗料、健康塗料といった曖昧な塗料の名称は全くなく「合成塗料」「自然塗料」「自然系(偽塗料)」「エコロジー塗料」の4つに分類されています。
 芳香族の溶剤や脂肪族炭化水素系溶剤は石油製油物であるため配合量がいくら少なくて低溶剤水性化してもエコロジカルな塗料といえません。
 ドイツではテレピン油、バルサムテレピン油、柑橘系が含んだ塗料は自然塗料とはいいません。
 しかし、脂肪族炭化水素の溶剤イソパラフィン(別名:イソアリファーテ、イソアルカン)はにおいのない石油化学の産物で、低価格のため自然塗料の溶剤に汎用され、少量のバルサムテレピン油柑橘油を添加して自然塗料と称して販売されています。
 
・自然塗料
これは、塗料成分が石油系成分ではなく再生可能で危険性のない、天然原料を100%使用し住居社に健康障害を与えない、土に捨てても環境に何ら悪影響を及ぼさない塗料のことです。
しかし、植物由来のテレピン油・パルサムテレピン油・柑橘油を溶剤として使用しているため、発揮性有害物質であることには変わりません。
 
柿心シリーズ(植物水溶性塗料)
このたび新しく開発されたものであり、純植物油、植物ロウ及び還元性電解アルカリイオン水を配合し状態制御誘導効果を発揮する機能がその配合成分を木部の内部まで浸透、馴染ませることと共に他の自然塗料に類を見ない乾き性・消臭性・防微性・防腐性に優れた世界初の植物水性塗料です。
 通常、塗料や内装材、建材で、「ホルムアルデビドの放散量の性能区分」を示す為、JIS製品にFと星の数により危険度を表示することが義務づけられていますが、この柿心シリーズは発揮性有害物質を含まないため、表示義務すらありません。
 
・今後の自然系塗料の方向性
今までは、植物由来のテレピン油・パルサムテレピン油・柑橘油を溶剤として使用しているが、発揮性有害物質であることには変わりません。
今後は、無溶剤の塗料やワックス製品が中心になると思われます。
平成20年2月作成(指導課)



過去のお話

組合活動紹介に戻る問い合わせ