ち ょ っ と い い 話

松くい虫について(林野庁のページ)

 長い冬が終わり、森の木々も目覚め始めました。しかし、緑の山の中に、茶色のままの松を見ることがあると思います。それは、松くい虫によって枯れてしまった松です。

 松は、古くから日本人の暮らしや、精神文化に深く関わる重要な存在です。しかし今、この松が松くい虫の異常な被害にあっています。

 私たち栃木県森林組合連合会も国、県、市町村とともに松を守る活動を行っています。
松くい虫の被害を食い止めるためには、いくつかの方法があります。
方法を説明するにあたりまずは、簡単に松くい虫を説明致します。

松を枯らす病原体はマツノザイセンチュウといいます。
しかし、線虫は自分では移動できないのでそれを運ぶ
マツノマダラカミキリという運び屋がいます。
これらのコンビの関係を断ち切ることが防除の方法となります。


予防措置
薬剤散布
マツノマダラカミキリの健全な松を食害するのを防ぎます。
作業は、5月下旬から7月上旬のマツノマダラカミキリが
発生するときに松に薬をかけて守ります。

樹幹注入
食害された時、線虫の侵入・増殖を防ぎます。
作業は、冬の内に薬剤を木に注入します。

駆除措置
伐倒駆除
被害木を処理して、カミキリの幼虫を退治します。
作業は、カミキリが飛び立つまでに駆除します。
伐倒した木は、薬剤をかけたり、焼却したりします。


実際に行った作業状況をご紹介致します。
樹幹注入

健全な松に、薬剤を注入して線虫の侵入を防ぎます。
地上散布(ガンノズル)

マツノマダラカミキリの食害から松を守るために薬をまいています。
地上散布(スパウター)

ジェットエンジンの要領で、風をおこして、その風に薬剤を乗せて松までとばしています。
スパウター散布
伐倒駆除

線虫に侵された松を伐倒して、薬剤で駆除し被害の拡大を防ぎます。
松くい虫の予防処置(地上散布)の適期は栃木県の場合5月下旬から7月上旬頃です。
その他害虫駆除に関する相談は随時受け付けております。
施工に関してわからないことや、価格等についてはお気軽にお問い合せ下さい。
見積は無料です。
2003年5月




過去のお話

組合活動紹介に戻る