森のめぐみとは?


○森林の持つ公益的・多面的機能
森林の持つ公益的・多面的機能の発揮のため森林組合は森林の適切な整備に努めています
 
・国土の保全
台風や集中豪雨による土砂流出(土砂崩れなど)を防いでいます。
 
・水資源のかん養
空から降った雨の一部を森林はいったん吸収し、地下に浸透させます。このとき豊富なミネラル分を含んだ地下水へと変化していくわけです。栃木県では厚生労働省の指定する名水100選に二箇所が指定されてます。
 
・自然環境・生活環境の保全
市街地に近い山・平地林(森林)などでは、春には新緑、秋には紅葉など私たちの目を楽しませてくれます。また 森林浴などでは、リラックス効果があるとされています。この様に森林は、心の安らぎなどを私たちに与えてくれます。
 
・地球温暖化の防止
平成9年の京都での地球温暖化防止会議などにより現在、CO2(二酸化炭素)による温暖化が問題となっています。森林の伐採から植付けのサイクルにより、森林(木材)はCO2を固定化することにとても重要な役目を担っています。

ひとつ戻る  次に進む 

森林組合とは?へ戻る 問い合わせへ